ヘッダーイメージ
Ishikari International Association 


会長 星 正明














石狩国際交流協会々長の星でございます。
 5月の総会におきまして再度会長の任をお受けすることとなりました。よろしくお願い申し上げます。
 当協会は「国際交流の振興と地域の活性化」という大きな目的を持って設立し今年は17年目を迎えました。現在も市民レベルの相互理解と友好親善を通じて国際化に寄与するという視点を変わらず積極的な活動を続けています。
 さて、国と国の関係は厳しい状況も多々ありますが、政治、経済の面では、益々外国との関係は近くなっています。外国で生活し働いている日本人も多く、日本で暮らし働いている外国の方々も年々増えています。そして私たち石狩市内においても、5月現在20ヵ国328名の外国人登録者が暮らしております。
 国や多くの市のレベルでも「多文化共生」と言う視点で外国人を支える動きが出始めています。ただ、私たち市民の出来る事は「異なる文化を持つ人」と楽しく交流し、「困っている人」に手を差しのべることに尽きると思います。ボランティアとして手助けしているつもりが、実はたくさんの「果実」をいただいていることも多いと。皆さんはどう思いますか。
 当協会では、石狩に在住の外国の方々のための「日本語学習支援」や「外国人による料理教室」、様々な交流のために「パーティー」、「バスツアー」、そして、秋には年々外国人の参加が増えてきている「ワールドフェスティバル」等、会員の皆様をはじめ、様々な方々のお力添えをいただき活動を続けています。また、新年度の新しい動きとしまして、姉妹都市、中国彭州市から卓球の子どもたち8名と引率の校長先生ら3名が5月に石狩市を訪れ、石狩の子どもたち32名と共に卓球交流大会が行われました。非常に楽しく今後に繋がる有意義な交流が出来ましたことに、改めまして皆様にお礼申し上げます。
 終わりになりますが、今後、さらに多様な文化を理解し尊重しながら、ともに暮らしていける「国際都市石狩」の名にふさわしい街づくりを目指して協会事業を発展してまいります。
 これからも変わらずのご指導ご協力をお願い申し上げます。
                                                       H30年6月

 平成30年度~31年度 役員名簿 
     (任期:平成32年5月31日まで)      ※五十音順
会    長      星 正明 
副 会 長      佐藤 眞彰  (新任)
専 務 理 事      藤田 隆
理   事      浅野 良子
理   事      荒田 ひろみ (新任)
理   事      池田 篤司
理   事      飯尾 徹   (新任)
理   事      板谷 英郁  (新任)
理   事      片平 一義
理   事      加藤 光治
理   事      岸本 教範  (新任)
理   事      小鷹 雅晴
理   事      佐藤 聡美
理   事      竹内 健太
監   事      加納 洋明 
監   事      北原 益二郎

顧   問      飯尾 圓仁
顧   問      稲見 研二


組織図をクリックしてください。
  石狩国際交流協会 事務局
事務局長 藤田 隆
事務職員 竹内 真貴
事務職員 金 娜
(中国・大連出身)
  特定非営利活動法人 石狩国際交流協会 定款

 
特定非営利活動法人 石狩国際交流協会 専門部会規程

 特定非営利活動法人 石狩国際交流協会 運営委員会規程


 平成29年度 一般事業会計貸借対照表